みちとおとについて

地方にはまだ森や山、海と共に暮らしてきた先人たちの生活の知恵が残っています。私たちは、その知恵に触れながら古道を歩き、守り継がれてきた祭りや民話など、地方の民俗と心の文化を集めます。自然と人とのあるべき関係を探りながら、旅先で聴いた自然の音、見たもの、感じたことを多くの人々と共有し、次世代へ伝えていきたいと考えています。

Michi to Oto (meaning trail and sound in Japanese) explores an ideal relationship between nature and people and communicates this exploration. Traditional wisdom handed down by people who lived in harmony with forests, mountains and seas still remains in rural areas in Japan. We walk ancient trails in contact with this wisdom and put together regional folkways and cultures in the heart of people living there. We would like to share what we hear, see and feel as they are as possible with many people, leaving this for the next generations.

団体概要
名称  みちとおと
設立  2012年8月
拠点  和歌山県和歌山市
代表  北浦雅子

協力いただいた団体・個人(敬称略)
なかへち観光協会/熊野本宮観光協会/和歌山県田辺市のみなさま/和歌山県新宮市のみなさま/奈良県十津川村のみなさま/中嶋恵樹(音声補正)/硲允(翻訳)/佐々木康年(撮影)

» 熊野古道について

お問い合わせ

お名前
メールアドレス
電話番号
メッセージ本文

このサイトは和歌山県情報化推進協議会・平成24年度地域情報化支援事業の助成を受けて制作しました。

北浦雅子
Masako Kitauraフリーライター&エディター。『別冊太陽 高野山』(平凡社)、『紀州浪漫』『和』(和歌山県)、『読売 Life』(読売ライフ)などに執筆。地方の本や冊子、ウェブサイトを制作する「ココラボ出版」を運営。民話や妖怪、民俗芸能が好き。

ひろのみずえ
Mizue Hironoイラストレーター&児童文学作家。著書に『首七つ』(大日本図書)、『いつまでもここでキミを待つ』(ポプラ社)など、絵本に『わたげふわり』(チャイルド本社)、『だいじょうぶ・ダック』(大日本図書)などがある。「くまの娘道譚」(映像制作会社アクロス)でイラストを担当。個人のブログ〜ほわり〜

竹内利江 | Supporter
Toshie Takeuchi地域文化政策研究者。神戸学院大学非常勤講師ほか、フリーのアート・コーディネーターとしても活動。山歩きが趣味。明石市在住。

硲勇 | Web Design
Isamu Hazamaフリーランスのウェブデザイナー。東京・和歌山を拠点にウェブ制作・ウェブマーケティング支援を行うハザマデザイン事務所を運営。

プロフィールイラスト:ひろのみずえ

地方の魅力をカタチにする「ココラボ出版」
http://cocolabo-book.com/「みちとおと」で紹介した伝説をまとめ、電子書籍として出版しました。語り継がれる伝説と熊野古道を歩いた記事、採録した自然の音、幻想的なイラストで物語の世界へと誘います。Amazonでご購入いただけます。