天空の里の物語「中辺路町高原」

滝尻王子から険しい峠を越えて熊野古道を歩いていくと、急に視界がひらけて道は里へと入っていきます。雲海で知られる山上に、ぽっかり広がる集落の名は高原(たかはら)。斜面に散らばる家々は46軒で、住民のほとんどは高齢者だそうで [...]

落人の里の物語「本宮町大瀬」

ある日のこと、図書館の本棚で小さな薄い冊子を見つけました。『古里の記』という題で筆者は大瀬(おおぜ)に住む前久保國一さん。不便で貧しかった山里の、かつての暮らしをしたためた昔語りの文章でした。「遠からずこの地も消え去るの [...]

消えた里の物語「中辺路町兵生」

兵生(ひょうぜ)は熊野の山の奥深くにあった隠れ里です。ここには「兵生の松若」という伝説があり、「不老不死となった男が、一人ぼっちで何百年も山の岩屋で暮らしている」と語り継がれてきました。 私たちは松若の伝説に興味をひかれ [...]

閉じる

里のみち

里のみち

熊野の道は里を結びながら、山中を迷路のようにめぐっています。古老たちの語りや歌、伝説に導かれながら行く里の道。訪ねたのは大瀬(おおぜ)・高原(たかはら)の集落と、兵生(ひょうぜ)の廃村です。