滝尻王子〜近露王子

歩き始めは、滝尻王子。 五体王子のひとつで、ここから先が熊野の霊域だと言われている。 まずは参拝。 五体王子とは、熊野古道の紀伊路と中辺路沿いに祀られた九十九王子のうちで、特に格式の高い神社のこと。王子社には熊野権現の御 [...]

近露王子〜小広王子

箸折峠を背に、近露(ちかつゆ)の集落へ向かった。途中、果無(はてなし)山脈を眺めながら、日置川にかかる北野橋を渡る。かつて熊野詣での巡礼者は、この川で水垢離をすませてから、熊野三山を目指したそうだ。 しばらく歩くと左手に [...]

小広王子〜発心門王子

早朝、リュックを背負って小広峠のバス停から歩き出す。 かなりハードな峠道らしいが、山歩きの楽しさもわかってきたので足どりも軽い。 車道から少し離れると人家も見えず、あたりは鬱蒼とした森。 小広峠は狼がたくさん出没したとこ [...]

発心門王子〜熊野本宮大社

本宮の世界遺産センターに車をとめて、路線バスで発心門(ほっしんもん)王子へ。 発心とは、菩薩発心、すなわち仏堂に入る志を決意する。中世、ここには「発心門」と呼ばれる大きな鳥居があり、くぐりぬけると熊野三山の聖域と考えられ [...]

赤木越

三越峠から発心門(ほっしんもん)に抜ける途中、船玉大社付近から分岐する別ルートがある。 湯の峯温泉に抜ける「赤木越(あかぎごえ)」と呼ばれる尾根道だ。 「最初は登りがきついけど、あとは楽ですよ」となかへち観光協会の職員さ [...]

大日越

熊野古道・大日越(だいにちごえ)は、湯の峯温泉と熊野本宮大社を結ぶ湯垢離(ゆごり)の道として古代から利用されてきた。 湯登神事の日、稚児を肩車した父親たちが汗だくで越える道だ。 湯の峯からの登り口は東光寺の裏手から入って [...]

閉じる

山のみち

山のみち

世界遺産の熊野古道・中辺路を歩きます。起点の滝尻王子から熊野本宮大社までは約40キロ。レコーダーを片手に、時には音を録りながらの山歩きです。千年の歴史をもつ山の道で、見える景色と聴こえる音。