タグ別アーカイブ: 南方熊楠

IMG_8137

南方熊楠の山中裸像

熊野古道の中辺路沿い、新岡坂トンネルの近くに妙な案内板があることは知っていた。
運転をしていると毎回うっかり通り過ぎてしまうのだが、「南方熊楠」の文字だけを横目で見て気になっていた。

その日、熊野で取材を終えた帰路、新岡坂トンネルの手前で停車して案内板を覗き込んだ。
「えっ!?」
助手席の写真家さんと、同時に発した驚きの声。
そうだったのか…。

IMG_8136
熊楠が裸で腕組みをしている、あの山中裸像とか林中裸像とか言われる有名な、あれ。
この先400メートルの峠で撮影したんですよ、という案内板だったのだ。
「熊楠さんとおんなじポーズでどうですか? わたし撮りますよ」と写真家さんが面白そうに提案してくれたし、気になったので矢印に従って横道へ。

IMG_8137

車で上がっていくと狭そうな林道だったので、その日は諦めて退散。
そして昨日、あらためてトンネルの入り口へ。車を置いて熊野古道の山道を一人で登っていくと、20分ほどで現場に着いた。ここにも案内板があったが、あたりは梅畑になっていて撮影当時の面影はなかった。もちろん、熊楠に寄り添っていた大きな木もない。

IMG_8149

案内板には写真を撮影した日の、熊楠の日記が記されていた。

「一月二八日朝八時頃起き。辻氏感冒平治の由ゆえ、午下家を出、同氏を訪い共に横手八幡(写真とる)より三栖千法寺、それより岡に出、途中松グミ生たる松の下に予裸にて立ち喫煙するまま写真。岡の八上王子及中宮写真、それより岩田大坊、松本神社写真、黄昏なり、朝来入口にて丸で淡昏くなる。それより新庄を経帰る。予脚絆はくを忘れ脚はなはだ痛む。」

山中裸像は神社合祀令による森林伐採に反対するための、パフォーマンスとして撮影されたという。熊楠は明治43年1月28日、この峠の「松グミ生たる松の下」で「裸にて立ち喫煙するまま」の姿を撮影。その後、八上王子や岩田神社などを巡って森を調査したようだ。日帰りで往復するには結構な距離である。「脚はなはだ痛む」のも当然だ。脚絆(きゃはん)とやらを、もし忘れずに履いていたとしても足は痛くなったはず。

中辺路をあとにして、南方家の菩提寺である高山寺に立ち寄る。和歌山市で生まれた人でありながら、田辺の城下町をたいそう気に入って住みついた熊楠。「至って人気よろしく、物価安く静かにあり、風景気候はよし」と田辺をほめた。和歌山市民としては少し残念であり、ねたましくもあり、納得もする。奇想天外で異能の「よそ者」を排除せず、その真価を見抜いたのは田辺の人たちだったということ。熊楠先生の墓は、田辺の市街地と海を眺めるように立つ。

IMG_8192

熊野びと① 森本邦恵さん

「熊野びと」のお一人目として、語り部でもある森本邦恵さんに話を伺いました。静かで謙虚な言葉や、あたたかな声で語ってくださった山の民の暮らし。今を生きる私たちにとっても、大切な示唆を含んでいるように思いました。こういう貴重な話をしてくれる方が地方にはまだおられるので、できるだけ伝えていけたらと思います。

熊野びと① 森本邦恵さん

019(1)

中辺路町兵生〈2〉廃村探訪 …後編

富田川の最上流部に鎮座する春日神社は、兵生の里の氏神さま。私たちが訪れたときは、初夏の明るい陽射しを浴びていましたが、夜はどれほど深い闇になるのだろうと想像するとぞくっとしました。私はかつて一度だけ山中で闇を体験しましたが、目を開いても閉じても全く変わらなくて驚きました。「兵生の松若」は山の闇を知る人々の中で生まれ、受け継がれてきた物語だと思います。

里のみち 消えた里の物語 中辺路町兵生〈2〉