タグ別アーカイブ: 熊野

熊野びと① 森本邦恵さん

「熊野びと」のお一人目として、語り部でもある森本邦恵さんに話を伺いました。静かで謙虚な言葉や、あたたかな声で語ってくださった山の民の暮らし。今を生きる私たちにとっても、大切な示唆を含んでいるように思いました。こういう貴重な話をしてくれる方が地方にはまだおられるので、できるだけ伝えていけたらと思います。

熊野びと① 森本邦恵さん

松若

中辺路町兵生〈3〉松若と杉

兵生の取材に同行したひろのさんが、松若の絵を描いてくれました。松若が腰掛けている石組みは、カマドの跡。おそらく数十年前まで家が建っていたはずですが、今は植林された杉に埋もれています。この絵を見ていると、塩をもらいに里へおりて来た松若が、途方に暮れているようにも見えるのです。

里のみち 消えた里の物語 中辺路町兵生〈3〉

019(1)

中辺路町兵生〈2〉廃村探訪 …後編

富田川の最上流部に鎮座する春日神社は、兵生の里の氏神さま。私たちが訪れたときは、初夏の明るい陽射しを浴びていましたが、夜はどれほど深い闇になるのだろうと想像するとぞくっとしました。私はかつて一度だけ山中で闇を体験しましたが、目を開いても閉じても全く変わらなくて驚きました。「兵生の松若」は山の闇を知る人々の中で生まれ、受け継がれてきた物語だと思います。

里のみち 消えた里の物語 中辺路町兵生〈2〉

DSC_0169

湯の峯温泉の小栗屋さん

今回の熊野取材で初日に泊めていただいたのは、湯の峯の民宿「小栗屋」さん。
ご主人の安井理夫さんは、本宮中学校の元校長先生で、小栗判官(おぐりはんがん)の伝承を今に伝える語り部でもある。

P5170063

小栗判官、知ってます?
中世から近世、説教節などの口承芸能によって流行した壮大な物語で、藤沢、大垣、米原、京都、和泉、熊野、あの世など、各地が舞台となっている。
自力で動くことのできない小栗さんが、人々の助けをかりて熊野を目指し、長旅の果てに湯の峯にたどりつく。そして温泉の霊力で身も心もよみがえり、照手姫と結ばれて幸福になりましたーー。
(と、3行半で書ける話ではないので、検索してください)

安井さんにはかつて、取材でたいへんお世話になった。私にとっては、忘れがたい熊野びとのお一人だ。風の噂で民宿は休業中と聞いていたので、湯の峯におられないのかと思っていたら、湯登り神事の朝にばったりと再会。「安井先生っ!」と声をかけたら思い出してくださり、「次に来る時は泊まってくれたらいいですよ」と快く言ってくださった。

という経緯でその日、夕食を本宮大社界隈で食べてから小栗屋さんに行く予定にしていた。
6時頃、竹内先生と二人で本宮の通りをうろうろするも、あいている飲食店がない。小売店に駆け込んでレジのおばさんに「このへんで、食事ができるところはないですか?」と聞くと「ないねぇ。このへんみな5時過ぎにしまるんやわ」と気の毒そうに言われてがっくり。
「新宮まで行けばあるけどねぇ」って、新宮遠いですけど…。
じゃぁおにぎりでも買おうかと相談していたら、奥から息子さんのような方がわざわざ出てきて「渡瀬温泉まで行けば、8時半まであいてる店あるで。簡単な食事ならできますよ」と親切に教えてくれた。

さっそく車で向かう。
夕焼けが川面に映えて美しい。ちなみに少し前、鹿の声を聴いたのもここだった。
(しつこいけどもう一回貼付けてしまおう。これ→ kumano0428  )

DSC_0163

なんとか夕食にありついて、小栗屋さんに到着。
出迎えてくれた安井さんが「どこで食べてきたん? 難儀してないかと思て、さっき本宮まで探しに行ったんやで」とクリクリの目で心配そうに聞いてくれた。
「すみませんっ!」と恐縮しつつ、ありがたいことだなぁとしみじみ。
誰が探しに来てくれるんワタシ(ら)みたいなもん…と、心がほこっと温まる。何かと邪険にされる年齢なので。

民宿の内風呂「小栗の湯」に入浴後、安井さんに夜遅くまで話を伺った。私がまず尋ねたのは、「古里の記」を書かれた方のこと。
「ああ、前久保さんねぇ、もう亡くなりました」
やはり。
それでもぜひ、大瀬の古老たちに話を聞きたいと伝えると、ささっと携帯を取り出して、前久保さんの甥にあたる方に電話をしてくださった。
近々、大瀬の老人クラブで話を聞かせてもらえそう。

「大瀬の人はね、みな、ええ人です」
安井さんが目を細めた。

P5170060

写真は翌朝、安井さんが作ってくれた温泉茶粥(湯の峯のソウルフード)。
小栗さんじゃなくてもよみがえりそう。竹内先生も大いに感激してくれたし、私もうれしい。
いつか「みちとおとプロジェクト」で、小栗判官の道もできますように。

こちらは安井さんが書かれた本。小栗判官のこと、小栗さんを愛する人たちの気持がとてもよくわかる。中辺路の道の駅にもありましたよ。

CCF20130524_00000

大瀬

本宮町大瀬〈3〉初めての大瀬…後編

大瀬を初めて歩いたのは、5月に入った頃の夕方でした。前久保さんの冊子を読んでいたので、大瀬の情報は頭に入っていたのですが、その情報と目の前の光景がつながりません。ここにかつて、集落があったことが信じられないのです。首をかしげたり、振り向いたりしながら公民館を覗き込んだり、橋を渡ってみたり。

里のみち 落人の里の物語 本宮町大瀬〈3〉

IMG_4113

本宮町大瀬〈2〉初めての大瀬…前編

前久保さんの冊子を読んで、初めて大瀬を訪ねた時の記事です。道ばたにほんの数軒、家が並んでいるだけだったので愕然としました。大瀬の住民は11人とのことですが、介護施設に入っている方もおられるそうです。あと何年かのうちに消滅してゆく集落だとしたら、何か少しでも記録を残しておきたいという衝動にかられます。

里のみち 落人の里の物語 本宮町大瀬〈2〉